同窓会会則

第1章 総則

第1条
本会は大谷学園秀英高等学校東雲会(同窓会)と称する。本会の事務局は秀英高等学校内に置く。

第2条
本会は、会員相互の親睦を図り、母校の教育振興に寄与することを目的とする。

第2章 会則

第3条
本会の会員は次のとおりとする。
1.普通会員大谷学園秀英高等学校卒業生
2.特別会員母校教職員および教職員であった者

第4条
普通会員は入会の際に終身会費として6,000円を納入し、会員としての登録を行う。

第5条
会員は登録事項に変更のあった時は、事務局までとどけでなければんらない。

第3章 役員

第6条
本会に次の役員を置く。
1.本部役員会長(1名)副会長(1名)会計(1名)書記(1名)
2.会計監査(1~2名)
3.顧問(若干名)
4.評議員(各期2名)(但し第8期生:平成6年3月卒業生より)
5.相談役(若干名)

第7条
会長・副会長および会計監査は会員中より評議員会が推薦し総会の承認を得て決める。

第8条
会計および書記は会計が委嘱する。

第9条
会長・副会長・会計および書記は本部役員を構成する。

第10条
評議員は評議委員会を構成する。

第11条
会長は本会を代表し会務を処理する。

第12条
副会長は会長を補佐し、会長に事故がある時はこれを代行する。

第13条
会計は会計事務を処理する。

第14条
書記は総会並びに役員会の議事を記録保管し、各会合の通知を発表し会員相互の連絡にあたる。

第15条
会計監査は資産および会計事務の監査にあたる。

第16条
顧問は役員会の推薦によって会長が学校長および母校の教職員に委嘱する。

第17条
役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない。

第4章 総会・本部役員・評議員

第18条
総会は本会の最高議決機関であって、本会会員をもって構成し、年1回開催する。総会の議決は出席会員の過半数をもってこれを決する。

第19条
定例の本部役員会・評議員会は毎年総会前に開催する。ただし会長が必要と認めた場合または本部役員および評議員からの要請のあった時は適時招集する。

第20条
本部役員会は本会の執行機関であって、次の事項を行う。ただし緊急事項については評議員会の議決によって会の運営執行に当たることができる。この場合は次の総会においてその承認を得なければならない。
1.評議員会提出議案の審議および作成
2.会員の入会事務の処理
3.会報・名簿の編纂
4.予算案の編成および決算書の作成
5.資産の運用
6.その他必要な会務の処理

第21条
本部役員会は本部役員の研修、役員としての自覚の向上を目的として、役員改正年度において研修会を実施することができる。一部費用については本会より負担する。

第22条
評議会は本会の運営に関する一切の事項を審議する。

第23条
評議員会は過半数の出席がなければ開会することができない。ただし出席数には委任状を含む。

第5章 会計

第24条
本会の会費は終身会費・資産運用収入・寄付金その他の収入をもってこれにあたる。決算は会計監査を受け総会に報告承認を得なければならない。

第25条
本会の会計年度は毎年11月1日より翌年10月31日までとする。

第6章 事業

第26条
本会は第2条の目的を達成するために事業を行う。
1.会員名簿の編纂
2.会報の発行
3.その他本会の目的を達成するために必要と認める事業

第7章 改正

第27条
この会則の改正は総会出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。

第8章 付則

第28条
この会則に定めるもののほか必要な細則は役員会において発議し総会において承認を得なければならない。

 

第9章 報奨

第29条

(1)本部役員を通年2年間続けた場合、報奨金10,,000円とする。

(2)役員特別表彰として、役員を10年毎に報償金を30.000円~50,000円とする。

支給額は、役員で決定することとする。

第30条

教職員定年退職について

秀英高等学校を10年以上勤務した教職員には、記念品等を贈呈することとする。

第31条

1. 制定施行 平成5年11月13日
2. 改正 平成6年11月12日
3. 改正 平成7年11月11日
4, 改正 平成9年11月8日
5, 改正 平成13年11月17日

6, 改正 平成22年11月17日

7, 改正 平成30年11月17日

Comments are closed.